【2/18正午より】スタディサプリが2倍に値上げ!入会はお早めに

【大阪府】2020年度以降の私立高校無償化の内容は?

大阪府 私立高校 授業料無償化 2020

国が実施する「高等学校就学支援金」が2020年度より大幅に拡充されます。
それにともなって、大阪府が実施している私立高校の授業料無償化制度は2020年度からどう変わるのでしょうか?

調べてみました

なお、私立高校無償化の全体像について初歩的なことから理解したいという方は、まずこちらの記事をごらんください。

大阪府の「高等学校等授業料支援補助金」は2019年度と変わらず

大阪府は、国から支給される就学支援金とは別に、独自で私立高校の授業料軽減をおこなっています。
「高等学校等授業料支援補助金」という制度です。

この補助金の内容がすでにかなり手厚い内容なんです。

そして、この内容は2020年度からも変わらないとのこと。

ちなみに国から支給される就学支援金(2020年4月から)は、

支給上限額:年39万6,000円

 

対象者:世帯の年収目安590万円未満

それに対して大阪府の方は、いくら支給するかではなく、保護者の自己負担額があらかじめ決まっていて、あとは国の就学支援金と府の支援補助金から出すという考え方です。

保護者の負担額は世帯年収と子どもの数に応じて決まります。

こちらは授業料が年60万円の場合の保護者負担額です。

大阪府 私立高校 授業料無償化

子ども3人以上の世帯だと年収910万円未満まで年50万円の補助が受けられるんですよ!
参考 大阪府内の私立高等学校等の授業料無償化制度(2020年度から)について

なお、こちらで公表されている支給額の表によると、授業料が年65万円の学校の場合は、オーバーした5万円は保護者が負担するのではなく学校が負担することになっています。
※世帯の年収により異なります。

参考 就学支援金・授業料支援補助金の所得基準と支給額(例)

こちらは子ども一人世帯の場合のイメージ図です。

大阪府 私立高校 授業料無償化

授業料だけ?施設管理費も補助の対象になる?

大阪府の授業料無償化制度では、世帯の年収や子どもの数によって年60万円あるいは65万円まででも補助が受けられると説明しました。

でも、平均的な私立高校の「授業料」は40万円程度です。
ただ、私立高校の学費は、授業料のほか「施設管理費」や「入学金」も高額なんですよね。

<私立高校の学費の平均額(年額)>

 

授業料 39万9,152円
施設整備費等 16万8,562円
入学料 16万3,272円

 

初年度合計 73万986円

60万円には、施設設備費や入学料も含めてよいのでしょうか?
それとも、あくまでも「授業料」だけが対象で、施設設備費や入学金は自己負担となるのでしょうか?

この点について、府民お問い合わせセンターに確認してみたところ、次のような回答でした。

「その私立高校で、授業料が経済的納付金である施設設備費などを含むとされていれば施設設備費も含まれます。入学金や教科書代などは対象外です」

えっ?ちょっと、よくわからないです…

しつこくたずねると、要するにその私立高校でどこまでの費用をどういう項目として扱っているかということらしく、詳しくは入学予定の私立高校に問い合わせないとわからないのだそうです。

「大阪府の授業料無償化の対象となる学費はどの部分ですか?」と高校に聞いてみるしかなさそうです。

あれ?でもちょっと待ってください!

全国平均ではなく大阪府の平均を調べてみると、このようになっていました。

大阪府の私立高校の学費の平均額(年額)>

 

授業料 58万622円
施設整備費等 2万6,958円
入学料 19万4,917円

 

初年度合計 80万2,497円

授業料が60万円弱になっていて、施設整備費がめちゃくちゃ安くなってる!!

学校側が大阪府の支援制度にちゃんと寄せてきているのでしょうね。
余計な心配でした。

所得の判定基準が住民税の「所得割額」⇒「課税所得」へ

大阪府の私立高校無償化制度は、2020年度も基本的には変更されないのですが、所得の判断基準が国の制度にあわせて変わります。

これまでは住民税の「所得割額」で判断していたのが、住民税の「課税所得(課税標準額)」で判断するようになるそうです。

2020年度からの所得の判断基準については、こちらの記事で詳しく書きました。
2020 私立高校 就学支援金 課税所得詳細決定!2020年度以降の就学支援金の支給額と課税所得の基準額

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です