子供に見せたい映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』小4息子と鑑賞

子供に見せたい映画 フォレストガンプ

子供と一緒に映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」を見ました。
最近読んだ『勉強嫌いほどハマる勉強法』という本で「感動する物語」として紹介されていたんです。

映画の予告編と作品情報

『フォレスト・ガンプ/一期一会』1995年
主演: トム・ハンクス
監督: ロバート・ゼメキス
142 分

映画のあらすじ

生まれつき知能指数が低いというハンデを背負った主人公フォレスト・ガンプ。
小学校ではいじめっ子から逃げ回る日々でしたが、足の速さを見込まれて大学に入学。フットボールで優秀な成績を収めたり、卒業後に入隊した陸軍で勲章をもらったりと次々と成功を収めていきます。

一方で、幼なじみの女の子ジェーンとの切ない恋の物語もあったり・・・

言わずと知れた名作ですね。

エルビス・プレスリーやジョン・レノン、歴代のアメリカ大統領が出てきたり、なぜかフォレスト・ガンプがウォーターゲート事件の目撃者になっていたりと、アメリカの近代史とからめて物語が進む点もおもしろい!

ずいぶん昔に観て内容はほとんど忘れてしまっていたので、今回久しぶりに見てとっても楽しめました。
古い映画なのに、ぜんぜん古さを感じさせません。

映画を見た子供の反応は?

今回一緒に映画を見たのは小学4年生の次男。
映画好きなので、アニメじゃなくても一緒に見てくれます。

どんな映画と説明するのも難しかったので、特に説明無しで「今日はこれ見よう!」という感じで見始めました。

ずーっと最後まで真剣に見ていました。途中で寝てしまうこともなく^ ^

フォレストが大統領の前でトイレをガマンしているシーンとか、ところどころ笑える部分は一緒に笑っていましたヨ。

アメリカの近代史を知らないとおもしろさがわからない部分は、ちょいちょい一時停止して簡単に説明してあげました。

ベトナム戦争から帰ってきたフォレスト・ガンプが、戦争反対のデモの参加者と間違われるシーンは意味がよくわからなかったようで、「この人たち何なの?」「何してるの?」といろいろ質問されました。

観終わった後は

めっちゃおもしろかったー!
この映画、気に入った。

と言ってくれて、わたしも嬉しかったです。

次の日になっても、

ママ、昨日の映画おもしろかったなー

と言ってきて、相当気に入ったみたい。

子供に見せたくないシーンはある?

子供に見せたくない「きわどいシーン」は・・・若干あります。

幼なじみのジェーンが大学生になって、フォレストに自分の胸(上半身裸)を触らせるシーンや、ジェーンが落ちぶれてしまってストリップ劇場のようなところで全裸でギターを弾くシーン、一緒に戦争を戦ったダン中尉が部屋に娼婦を呼ぶシーン・・・などなど。

男女とも裸というシーンはなかったと思いますが、女性が上半身裸で、行為が始まる一歩手前までのシーンは2~3度ありました。

ここが気になる人は、子供と一緒に観るのはやめた方がいいかも。

落ちぶれるジェーンの姿

フォレストの幼なじみで、フォレストがずっと片想いしているジェーン。
子供のころ父親に虐待されて心に深い傷があるのか、大人になってからどんどん落ちぶれていってしまいます。
先ほど紹介したストリップ劇場のシーンのほか、ドラッグに手を染めるシーンも出てきます。

このあたりも子供に見せたくないと思う人がいるかもしれません。

うちの子は「クレイジージャーニー」という番組が好きでよく観ているので、丸山ゴンザレスさんの回でこういう系の映像は何度か見ているかと。

そのシーンの意味がわかったかどうか確認していませんが、「いけないことをやっちゃったんだなー」って感じで観てたんじゃないかと思います。

子供と一緒に観て良かった?

きわどいシーンは多少あったものの、子供もとても楽しんでくれたようなので、一緒に観てよかったと思います。

ちょいちょい出てくる歴史的な事実は、小学生の子供にはよくわからなかったかもしれませんが、後になって「ああ、あの時のあれのことか」とつながる瞬間がくるのだと思います。

ちなみに以前、子供と「スティーブ・ジョブズ」を観たのですが、フォレスト・ガンプでもアップル社の株の話が一瞬出てきます。少し説明すると「ああ、そういうことか」と理解した様子でした。

全体的にあたたかく、観終わったあとにやさしい気持ちになれる映画なのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です