親の体罰禁止法はいつから?どこからが体罰なのか線引きは?

体罰禁止 いつから

2019年6月19日に改正児童虐待防止法・改正児童福祉法が成立して、親による体罰禁止などが定められました。2020年4月から適用されるそうです。

「しつけ」と称して子供にひどい虐待をおこなう事件が後を絶ちません。痛ましい事件を二度と起こさないためにも今回の法改正は大賛成です。

ですが、「虐待」と言われるようなことを自分がこれまでたった一度も子供にしたことがないかというと正直微妙です。
「殴る・蹴る」はやらないにしても、大声で怒鳴るとか、冷たい態度をとるとか、「○○しなかったら△△するよ」などの脅しはやってしまってますね・・・。

こういうのも虐待に入るって聞いたことがあるので「良くないんだろうな~」と思いながらも、そうしなきゃ前に進まない場面もありますし。

親としては「どこからが体罰になるの?」「体罰してしまったらどうなるの?」といろいろ気になるところです。

親の体罰禁止はいつから?体罰をしてしまったらどうなるの?

「親による体罰禁止」が施行されるのは2020年4月からです。

2020年4月以降に体罰をしてしまった場合にどうなるのかという問題ですが、罰則などは特に設けられていないようです。

体罰をする親を厳しく取り締まって罰するための法律ではなく、「体罰は絶対にいけない」という原理原則を確認して広く定着させましょう、という法律のようです。

罰則がないので「実効性がない」という批判もありますが、わたしはそうは思いません。

しつけのためなら子供を叩いたり蹴ったりしてもいいと思っている人がまだまだいる中で、法律で「親がしつけに際して体罰を加えることを禁止する」とはっきり定めておくことは大きな意味があると思います。

小さな子供にひどい暴力をふるっておいて「しつけのため」と言い逃れするのを許さないためにも。

また、こんな法律ができたら必要なときに子供を叱れなくなるではないか!というような意見も目にしますが、わたしはそれもちがうと思います。

体罰はいけないとわかっていても、子供がどうしても許せないことをしでかして、パチンとひっぱたいてしまった・・・というような場面で即座に親が逮捕されるとか、そういうことにはならないはずです。

先ほど書いたとおり罰則はありませんし、あくまでも「子供に体罰をしてはダメ」という原理原則をはっきりさせて広めましょう、という法律ですから。

それなのに「必要なときに叱れないじゃないか!」と反対することは、「場合によっては子供に体罰をしてもよい」と認めることになり、「場合によっては」の部分を拡大解釈して体罰や虐待に歯止めがきかなくなる親を容認することになるのではないでしょうか。

具体的にどこからが体罰になる?

今回の「親による体罰禁止」について、わたしたち親が一番知りたいのは「どこからが体罰になるの?」という点ではないでしょうか。
こういうのは体罰にあたる、こういうものは体罰とは言わない、というのを具体的に知りたいですよね。

体罰の範囲は「今後、厚生労働省が指針などで具体的に示す」とされていて、2019年8月現在では具体的なことは何も示されていません。

今後専門家を集めて検討会やワーキンググループを結成し、2020年4月までに体罰の範囲がまとめられるようです。
結成されれば、こちらの一覧に検討会等の名前が追加され、クリックすると議事録や参考資料によって話し合いの過程を見ることができるはずです。

2019.9.13追記
9月3日に検討会の第1回目が開かれたようです。
議事録はまだアップされておらず、話し合いのベースとなる参考資料が確認できるだけですが、方向性は少し見えてきます。

参考 体罰等によらない子育ての推進に関する検討会厚生労働省
体罰の考え方・範囲について(参考資料より抜粋)

  • 体罰を、どんなに軽いものであっても、有形力が用いられ、かつ、何らかの苦痛または不快感を引き起こすことを意図した罰と定義する。(国連子どもの権利委員会2006年一般的意見8号から抜粋)
  • 子ども、とくに乳幼児の養育およびケアのためには、子どもを保護するための身体的な行動および介入が頻繁に必要とされることを認識する。これは、何らかの苦痛、不快感または屈辱感を引き起こすために意図的かつ懲罰的に行なわれる有形力の行使とは、まったく別である。(同上)
  • 今回禁止される体罰の範囲には、言葉により戒める行為は含まれません。(法案審議の議論の過程で出た発言。厚生労働省子ども家庭局長浜谷浩樹氏)
  • 言葉による戒めを含めない理由は、正当な言葉による叱責と不当な言葉掛けとの線引きについて国民的な合意ができておらず、言葉による心理的負荷については明示的に禁止することが現段階では困難だから。(同上)
  • 体罰と虐待(特に身体的虐待)との間には、程度によって重なる部分がある。


これはあくまでも参考資料に書かれていただけで、話し合いはこれからです。どのようにまとまるのかまだわかりません。

ただ、法案審議の段階で厚生労働省側が「言葉による戒めは含めない」と断言しているので、暴言は今回の法律で禁止する体罰に含まれないことになるのかな・・・という印象です。

学校ではどこからが体罰になる?

「親による体罰禁止」の内容は厚生労働省が今後定めるとのことですが、「学校の先生による体罰禁止」はすでに文部科学省が具体的な事例を示しています。

通常、体罰と判断されると考えられる行為

身体に対する侵害

・体育の授業中、危険な行為をした児童の背中を足で踏みつける
・帰りの会で足をぶらぶらさせて座り、前の席の児童に足を当てた児童を、突き飛ばして転倒させる
・授業態度について指導したが反抗的な言動をした複数の生徒らの頬を平手打ちする
・立ち歩きの多い生徒を叱ったが聞かず、席につかないため、頬をつねって席につかせる。
・生徒指導に応じず、下校しようとしている生徒の腕を引いたところ、生徒が腕を振り払ったため、当該生徒の頭を平手で叩(たた)く
・給食の時間、ふざけていた生徒に対し、口頭で注意したが聞かなかったため、持っていたボールペンを投げつけ、生徒に当てる
・部活動顧問の指示に従わず、ユニフォームの片づけが不十分であったため、当該生徒の頬を殴打する

叩いたり突き飛ばしたり物を投げつける。
こういう行為が体罰に該当するのは当然だろうと思います。

興味深いのはこちら。わかりやすい暴力ではないけれど、これらも体罰になるんです。

肉体的苦痛を与えるもの

・放課後に児童を教室に残留させ、児童がトイレに行きたいと訴えたが、一切、室外に出ることを許さない。
・別室指導のため、給食の時間を含めて生徒を長く別室に留め置き、一切室外に出ることを許さない
・宿題を忘れた児童に対して、教室の後方で正座で授業を受けるよう言い、児童が苦痛を訴えたが、そのままの姿勢を保持させた。

別室に長時間閉じ込めるとか、苦痛を訴えても正座させるとか、これらも体罰に該当するんですね。

一方で、以下のような行為は体罰になりません。

認められる懲戒(体罰ではない)

・ 放課後等に教室に残留させる。
・ 授業中、教室内に起立させる。
・ 学習課題や清掃活動を課す。
・ 学校当番を多く割り当てる。
・ 立ち歩きの多い児童生徒を叱って席につかせる。
・ 練習に遅刻した生徒を試合に出さずに見学させる。

このほか、暴力であっても正当防衛や他の生徒を守るために押さえつけるような場合は体罰とはなりません。

参考 学校教育法第11条に規定する児童生徒の懲戒・体罰等に関する参考事例文部科学省

以上、「学校の先生による体罰禁止」の具体例を紹介しました。

もう1つヒントになるものがあります。

厚生労働省の啓発リーフレット「愛の鞭ゼロ作戦」

今回、法改正によって「親による体罰禁止」が決まる前、2019年31年3月19日に児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議というのが開催されています。そこで決定された「児童虐待防止対策の抜本的強化について」という資料に次のような記述があります。

① 体罰禁止及び体罰によらない子育て等の推進

 

~略~

体罰や暴力が子どもに及ぼす悪影響や体罰によらない子育てに関する理解が社会で広まるよう、啓発資料「子どもを健やかに育むために~愛の鞭ゼロ作戦~」などを活用し、普及啓発活動を行う。

~略~

また、保護者としての監護を著しく怠ることは、ネグレクトに該当することを踏まえ、子ども(特に自分で危険を判断し対処することの出来ない年齢の子ども)を自宅や車内に放置してはならないことを母子手帳や乳幼児健診の機会などを活用し、周知する。

啓発資料「子どもを健やかに育むために~愛の鞭ゼロ作戦~」の中にヒントがありそうです。
これがその啓発資料です。

愛の鞭ゼロ作戦 体罰禁止

参考 子どもを健やかに育むために~愛の鞭ゼロ作戦~厚生労働省

愛の鞭ゼロ作戦

  1. 子育てに体罰や暴言を使わない
  2. 子供が親に恐怖を持つとSOSを伝えられない
  3. 爆発寸前のイライラをクールダウン
  4. 親自身がSOSを出そう
  5. 子供の気持ちと行動を分けて考え、育ちを応援


「①子育てに体罰や暴言を使わない」については、このように説明があります。

「愛の鞭である」と親が思っても、子どもにとって大人から叩かれることはとても怖いことです。ちょっと叩かれただけ、怒鳴られただけでも、心に大きなダメージを受けることもあります。子どもだからといって、暴力や暴言が許されるわけではありません。

ここに少し具体的な表現が出ていました。
「たたく」「怒鳴る」「暴言」です。

あ~、言うこと聞かないときやイライラしたとき怒鳴ってしまうことあるなぁ・・・。

怒鳴るのもやっぱりダメなんですね。気をつけなきゃいけませんね。

体罰・暴言が子供の脳の発達に深刻な影響を与える

さきほど「心に大きなダメージを受ける」という表現が出てきましたが、啓発資料にはこんな説明もありました。

体罰禁止 脳 影響

厳しい体罰や言葉の暴力によって脳が萎縮したり変形したりするというのです。

マルトリートメントとは

脳の画像を提供しておられる福井大学の友田明美教授の本は、以前読んだことがあります。

『子供の脳を傷つける親たち』という本です。

子供の脳を傷つける親たち

強者である大人から弱者である子供への不適切な関わり方を「マルトリートメント」と呼び、マルトリートメントには暴力だけではなく、次のような行為も含まれるという話しでした。

  • 言葉による脅し
  • 威嚇
  • 罵倒
  • 無視する
  • 放っておく
  • 子供の前でおこなう激しい夫婦喧嘩 など


かなり広い範囲まで含まれています。

もちろん、一度無視したからといって脳が変形するとかそういうことではないですが、「マルトリートメントの強度や頻度が増したとき、子供の心は確実に傷つき、成長過程の脳は変形する可能性がある」とのこと。

この本の詳しい感想はこちらの記事で書きました。

>>マルトリートメントとは?「子供の脳を傷つける親たち」を読んで

 

今回の「親による体罰禁止」の範囲にここまで含まれるとは思えませんが、自分の子供の脳に悪影響が出てくるのであれば、法律で禁止されていなくてもやらない方がいいということですよね。

もちろん。まったくマルトリートメントをしないで子育てできる人なんているのだろうか・・・という疑問はあります。

でも、子供の脳に悪影響が出ると知らずに「言葉による脅し」や「子供の前で激しい夫婦喧嘩」を繰り返すのと、やむを得ずやってしまうことがあっても「あ、これはダメだったな」と反省して控えるのでは大きく違いますからね。

法律で禁止される体罰の範囲にかかわらず、悪影響のあることは控えていくのがよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です