【2020年度】私立高校の就学支援金は課税所得いくらまでが対象?

私立高校 就学支援金 2020年

2020年度から大幅に増額される私立高校の就学支援金。
詳しい内容はこちらの記事で説明しました。

私立高校 学費 援助 2020年2020年より私立高校が無償化?就学支援金や援助制度をわかりやすく

就学支援金がもらえるかどうかは世帯の「課税所得」で判断されるのですが、文部科学省が公表しているパンフレットでは「世帯年収の目安」で「590万円」とか「910万円」と示されているだけで、肝心の「課税所得」がいくら以下なら対象になるのかということが示されていません。

私立高校 就学支援金 2020年

世帯年収が同じでも、家族構成などによって「課税所得」は変わってくるので、自分の世帯が対象になるかどうかは課税所得の基準を示してもらわないとわからないんですよね。。。

課税所得の基準はまだ決まっていない(2019年11月現在)

文部科学省に問い合わせてみても「まだ詳細は決まっていません」と。
いつごろ決まりますか?ときくと「年内をめどに…」という回答でした。

でも、子どもの進路を決めるのに、一刻も早く詳細を知りたいんですよね。
就学支援金がもらえるか、もらえないかで、学費の負担が大きく変わってきますから。

そこで、パンフレットで示されている情報から、課税所得を逆算してみることにしました。

世帯年収の目安から課税所得を逆算してみた

パンフレットに示されていた情報は次のとおり。

両親・高校生・中学生の4人家族で、両親の一方が働いている場合

こういうモデルケースで世帯年収の目安を「910万円未満」「590万円未満」と示しています。

  • この家族構成で年収910万円だと課税所得がいくらになるのか?
  • この家族構成で年収590万円だと課税所得がいくらになるのか?


これを計算してみればいいんですよね。

不明な情報は仮の額を設定

ほかに、課税所得を出すのに必要だけど不明な情報は、

  • 社会保険料
  • 生命保険料の控除額
  • 地震保険料の控除額


社会保険料(健康保険、厚生年金、雇用保険)はこちらを参考にしました。
参考 年収別 手取り金額 一覧酒居会計ブログ

生命保険料の控除額は、とりあえず上限いっぱいの額(12万円)としておきました。
地震保険料の控除額も、仮に、上限いっぱいの額(5万円)として計算しました。

以上の情報・条件を設定して、こちらの計算シミュレーションを利用して課税所得を出しました。

参考 給与所得者の源泉徴収票の計算シミュレーションke!san

世帯年収の目安「590万円」の場合の課税所得は?

世帯年収の目安「590万円」の場合、計算結果はこのようになりました。
※社会保険料は910,800円としています。

世帯年収の目安「590万円」の場合、課税所得は2,339,000円でした。

これ以下の場合は、2020年度から大幅に引き上げられる就学支援金(おそらく年40万円程度)が受けられる可能性が高いということです。

私立高校 就学支援金 2020年

注意
不明な部分は仮の条件を設定して試算したものなので、あくまでも参考程度に。正確な課税所得の金額は文部科学省の発表をお待ちください。

世帯年収の目安「910万円」の場合の課税所得は?

世帯年収の目安「910万円」の場合、計算結果はこのようになりました。
※社会保険料は1,224,204円としています。

世帯年収の目安「910万円」の場合、課税所得は4,835,000円でした。

これ以下の場合は、年11万8,800円の就学支援金が受けられる可能性が高いということです。

私立高校 就学支援金 2020年

注意
不明な部分は仮の条件を設定して試算したものなので、あくまでも参考程度に。正確な課税所得の金額は文部科学省の発表をお待ちください。

自分の課税所得を調べる方法

ご自身の世帯の課税所得を調べるときは、会社からもらう源泉徴収票の

「給与所得控除後の金額」ー「所得控除の額の合計額」

で求めることができます。

こちらのサイトでも、条件を入力して試算することができますよ。

参考 給与所得者の源泉徴収票の計算シミュレーションke!san

会社から2019年度の源泉徴収票をもらえるのは年末または1月ごろですし、わたしが試算した課税所得の金額も、あくまでも目安ですから、いずれにしても11月の時点では「絶対にもらえる/もらえない」と判断できるものではありません

それでも、ざっくりとでもいいから就学支援金がもらえそうかどうか知りたいという方は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です