私立高校の学費を払うお金がない。公立に行ってと息子に話した結果(5)- 息子の覚悟

ここまで愚痴をつらつらと書いてきました。

私立高校の学費を払えないなんていう悩みを書いたら「それくらい準備しておかなかったのか」とか「お金が無いなら最初から子供なんて産むな」とかいう批判があるだろうな・・・と予想していました。
それでもあくまでもただの愚痴として淡々と書いていこうと思っていたのですが、意外にも共感の声や励まし、アドバイスのお言葉をいただけてありがたい限りです。みんな優しい。。。

さて、今回も愚痴の続きを書きます。
しんどいので吐き出しながら心を落ち着け、頭の中を整理しているだけです。

私立高校の学費を払うお金がない。公立に行ってと息子に話した結果(1)- 余裕がないのに私立中学に行かせてしまった私立高校の学費を払うお金がない。公立に行ってと息子に話した結果(2)- 自分でバイトして学費を稼ぐ私立高校の学費を払うお金がない。公立に行ってと息子に話した結果(3)- メリット・デメリットを整理私立高校の学費を払うお金がない。公立に行ってと息子に話した結果(4)- 学費を比較

やはりどうしても私立高校に行きたい様子

  • 月3万円を本当に自分で払えるのか(バイトのあてはあるのか、時間はあるのか)
  • 途中でやっぱり無理だとなったときにどうするつもりか(公立に転校は可能なのか、最悪退学してもよいのか)

この2点について説明してもらうよう約束していた期限がやってきました。

もう予想できていましたが、あきらめて公立高校に行くつもりはまったくないようです。

月3万円を本当に自分で払えるのか。バイトのあてはあるのか、時間はあるのか

月3万円を稼ぐのにどれだけ時間がうばわれるのかわかっているのか、勉強をする時間はあるのか。
部活をしたいと言っていたけれど、それは諦められるのか。
そもそも高校生のバイトを雇ってくれるところが近所にそんなにあるのか。

わたしが心配していたのはこういう点です。

以下、息子の説明です。

月3万円分のバイトをする時間などあるのか

行きたい私立高校はアルバイト禁止だけど、バイトをしている人は普通にたくさんいる。(先輩に聞いた情報らしい)

 

部活をしなければ平日は16:30ごろ帰宅できる。
帰り道に途中下車してアルバイトを2時間したとしたら7時か8時ごろには帰れる。

 

平日に週5日×2時間×4週=40時間
時給850円として月3万4000円。

 

逆に週末だけ働く場合、
週2日×5時間×4週=40時間

 

これで3万円くらい稼げる。

 

部活はしない。これまで部活をしていたくらいの時間でアルバイトをすればいい。

バイトのあてはあるのか

帰り道の駅周辺で、高校生OKで募集しているアルバイト先はいくつか見つけた。
たとえば○○(ファミレス)とか、○○(ドラッグストア)、○○(スーパー)とか。

途中でやっぱり無理だとなったときにどうするつもりか。公立に転校は可能なのか、最悪退学してもよいのか

最初のうちは「バイトしながら勉強できる!」「自分で決めたのだから絶対にがんばる!」と意気込んでいたとしても、途中で疲れて心が折れてしまう可能性もありますよね。

バイト先にパワハラ上司がいるかもしれない(と言ったら息子は笑ってたけど笑い事じゃないよ・・・)、バイトの面接を受けてもぜんぜん採用してもらえないかもしれない、先生に見つかってバイトを辞めさせられるかもしれない・・・

途中でやっぱり無理だとなったとき、どうするつもりなのか。
結局親が高額な学費を払わなきゃいけないということになるなら、やはり私立高校に進学することは認められません。

そのあたり、どう考えているんだろう?
きちんとリスクを理解して、自分で責任をとれるのか。自分で責任をとるってつまりどういうことなのか理解しているんだろうか?

学費が払えないという理由で公立高校に転校は可能なのか

公立高校に空きがあれば、各学期が始まる前のタイミングで募集があり転校できるようだ。(ネットで調べた様子)
近所にある公立C高校はいつも定員割れしているから、たぶん受け入れてもらえる。

ちなみにこの公立C高校はヤンキーがいるからこんな学校行きたくないと息子が話していた高校です。
万一、学費が払えなくなったときは、その高校に転校することになってもかまわないということでした。

ネットで調べた情報では、「学費が払えない場合」の転校は、「アルバイトや奨学金の可能性がある場合は認められないこともある」と書かれていました。

奨学金についてはわたしも高校のホームページで紹介されているものをすべてチェックしてみましたが、給付型はなかなかハードルが高く人数も少なく、厳しそうな印象でした。
貸与型は、結局親が借金するということですよね。

最悪の場合、高校を中退することになってもよいのか

学費も払えない、公立高校への転校も認められない(あるいは転校したくない)となった場合、高校を辞めることになるけれど、その現実は受け入れられるのか。

その場合は、退学して通信制高校で勉強して高卒資格をとる。
通信制高校の学費は公立高校と同じくらい。

 

当初、バイトして学費を稼ぐとかYoutuberになって稼ぐとか言ってたときは「ほんっとに何にも現実わかってないな・・・」「どうせ途中で投げ出して親が払うハメになるんだろうな・・・」という感じでしたが、今回は息子なりにちゃんと考えてきたのだということが伝わりました。

ネットで調べたり、先輩に連絡をとって教えてもらったり。

さて、それでどうするかです。。。(つづく)

私立高校の学費を払うお金がない。公立に行ってと息子に話した結果(6)- ダメだという理由がない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です