【8/31まで】夏の復習教材+無料お試し!スタディサプリのオンラインコーチ「個別指導コース」の体験談⇒

【無料】アナ雪でプログラミング学習「HOUR OF CODE」を小1娘が体験

子ども用の無料プログラミングアプリとして紹介したHOUR OF CODE。
子供 プログラミングアプリ 無料 PCPC・タブレットで使える!子供用無料プログラミングアプリ4選

その中で小1の娘が「アナとエルサとコードを書く」という教材にチャレンジしました!
プログラミング初体験です。

アナ雪 HOUR OF CODE

対象年齢の目安が「小学2年生~」となっています。

…が、小1の娘でも少し一緒についてやり方を教えてあげると、理解して自分でできるようになっていました!

一足先にプログラミングをやり始めた次男が、マウスの使い方を教えてます^^

子ども 無料 プログラミング

HOUR OF CODEはこちら

アナ雪のHOUR OF CODEの概要

この教材は、雪の結晶を描くプログラミングです。
1~20までステージがあって、だんだん難しくなっていきます。

最初は直線を描くだけ。

アナ雪 HOUR OF CODE

ステージが進むにつれて、四角形やひし形、円を描いたり

アナ雪 HOUR OF CODE

同じ図形をたくさん繰り返し描いて雪の結晶を作っていきます。

アナ雪 HOUR OF CODE

アナ雪のHOUR OF CODEのやり方

やり方を説明します。

「アナとエルサのコードを書く」をクリック→「はじめる」をクリック

アナ雪 HOUR OF CODE

アナ雪 HOUR OF CODE

説明の動画が開きますが、これは別に見なくてOK。
(英語音声に日本語字幕がついています)

アナ雪 HOUR OF CODE

「動画の代わりにノートを見る」というのもありますが、これも特に読まなくてOK。
「×」をクリックして閉じます。

アナ雪 HOUR OF CODE

とてもわかりやすく1つ1つ説明やヒントが出てくるので、いきなり始めても大丈夫ですよ。

画面をクリックすると始まります。

ステージ1

まずはステージ1
ここでは直線を1本引くだけです。

アナ雪 HOUR OF CODE

実行ボタンを押したときにエルサが前にうごくプログラムを組めればOK。

ワークスペースに「実行した時」というブロックがあるので、
その下に、左側から必要な命令ブロックを選んでつなげます。(ドラッグ&ドロップ)

この場合だと「うごく(まえ)に(100)ピクセル」のブロックですね。
動かす方向や動かす長さも変更できますが、ここではそのままでOKです。

アナ雪 HOUR OF CODE

「実行」ボタンを押すと・・・

アナ雪 HOUR OF CODE

エルサがスケートで前に100ピクセル動いて、直線を描くことができました!

アナ雪 HOUR OF CODE

「次へ」をクリックして次のステージへ進みます。

アナ雪 HOUR OF CODE

「やり方」の部分は漢字があるので「ママ、これなんて書いてるの?」と聞かれますが、ブロックはひらがななので小1の娘でも自分で選ぶことができました。

ステージ2

ステージ2では、「まがる」ブロックを使って2本の線を描きます。

アナ雪 HOUR OF CODE

「うごく」「まがる」でできたかな?と思ったけど残念。
エルサが90度向きを変えたところで止まってしまいました。

アナ雪 HOUR OF CODE

「おしい!まだちがうところがあります」と表示。
「うごく」「まがる」「うごく」にしないといけなかったんですね。

アナ雪 HOUR OF CODE

こんな感じで正確に命令を出して意図した動きをさせる方法を学んでいきます。

「繰り返し」の使い方も学べる

たとえば正方形を描くとき。

「うごく」「まがる」「うごく」「まがる」「うごく」…とブロックを並べていってもいいけど、

アナ雪 HOUR OF CODE

同じ命令の繰り返しなら、このように「繰り返しやること」というブロックでくくることもできます。

アナ雪 HOUR OF CODE

「うごく」「まがる」を何回繰り返すのかな?ときくと、娘は一生懸命考えて「4回!」と選ぶことができました。

ヒントをくれるので複雑な図形も難しくない

ステージが進むにつれて図形も複雑になってくるのですが、「やり方」のところに重要なヒントを書いてくれているので、そんなに難しくありません。

たとえばこれ。

アナ雪 HOUR OF CODE

「繰り返し」が入れ子になってるし、曲がる角度も「ん?」と考えてしまうところですが、ヒントが書いてあるので、小1の娘でも自力でできました!!

説明がとてもわかりやすいので、初めてのプログラミング体験におすすめですよ。

インフィニティプレイラボもおすすめ

アナ雪の教材はこのほか「インフィニティプレイラボ」というのがあります。
アナ、エルサ、ベイマックス、ヒロ、そしてラプンツェルが出てきます。

インフィニティプレイラボ

こちらも親切な説明でわかりやすいのでおすすめです。

HOUR OF CODEはこちら

娘が「今日もプログラミングやってもいい?」

アナ雪のプログラミング教材が楽しかったみたいで、毎日のように「今日もプログラミングやってもいい?」と聞いてくる娘。

朝、学校に行く前も「ちょっとだけプログラミングしてもいい?」って。。。それはさすがに無理だから

娘がこんなにハマるとは意外でした。
実は最初、こんな風に思っていました。

  • 1年生にはプログラミングなんてちょっと難しいかな?
  • 男の子はこういうの好きそうだけど女の子はあまり興味を示さないかも

ところが、次男がパソコンを触っているのを見て「やってみたい」というのでやらせてみたら大ハマり。
アナ雪効果でしょうか。

これはちょっと無理かも…と思ったステージでも、パッと理解してブロックを選んでいるので「えっ、なんか見くびっててゴメン」という気持ちになりました。

大人が思っている以上に、子どもって理解力があるし、新しいことをすぐに習得しちゃうんですね。

 

先生に教わった方が早いかも…という方はこちらもチェック
\すべて無料お試しできます!/
子供 オンライン プログラミング 教室 スクール 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です