中三息子が実践中のディクテーションとは?おすすめ教材と無料アプリ

ディクテーションとは

学習塾の先生をしている友人から、高校受験のリスニング対策にディクテーションが良いと聞いて、早速中三の息子に実践させたところ、結構早いうちから目に見える変化が・・・!

ディクテーションのやり方やおすすめ教材、無料アプリなどをご紹介します。

ディクテーションとは?なぜリスニング対策に効果的なの?

ディクテーションとは、英文の音声を聞いて、聞いた通りに英語で書き取ることです。

わたしは学習塾の先生をしている友人に勧められて息子にやらせることにしたのですが、調べてみたら、ディクテーションはリスニング力や英語力のアップに本当にすごく効果があるらしいのです。

集中して細かい部分まで聞き取れるようになる

英語を音声を聞いていると、だいたい意味はわかる。でも細かいところまでは聞き取れていないということ、結構ありますよね。
だいたいでも話の内容を理解できていたらそれでいいかな?という気がしてしまいますが、それではリスニングのひっかけ問題に見事にひっかかるんです!

息子の模擬試験の見直しに付き合っていてよくわかりました。

「ざっくりわかる」程度の子をひっかけるような問題があり、息子はまんまとひっかかっていました。

聞いてなんとなくわかった気になっていても、ディクテーションをしてみると最初のうちは意外と書けないことに気づくはずです。

でも、なんどもやっていくうちに、音声に耳を澄まして集中して、細かい部分がだんだん聞き取れるようになってきます。

「一言一句もらさず書き取らなければならない」と思うことで、自然と集中力が高まってくるんです。

英文を頭の中で覚えておくことができる

聞くスピード(話すスピード)と書き取るスピードはまったくちがいます。

もちろん書き取る方がずっと時間がかかりますから、英文の音声を聞き取れ取れていたとしても、それを書き終えるまで頭の中に英文を覚えておかないといけません。

このように文章を一時的に頭の中に残しておくことを「リテンション」といいます。

ディクテーションをすることによって、リテンションの力がついてきます。

この力が、高校受験の際のリスニング対策に役立つことは言うまでもないですよね。

英語の苦手な部分が見えてくる

ディクテーションで書き取れないときは、そもそも単語を覚えていないから書けないのか、単語は知っているのに発音が聞き取れなかったのか、何か理由があるはずです。

うちの子がよくつまづくのは、やはり単語を覚えていないとき。

あとは「the」 とか「a」などの冠詞や、複数形の「s」が聞き取れていないことが多いです。

聞き取れなくても文法から推測することもできるはずですが、推測もできなかったということは文法がわかっていないということです。

こうして、わかっているつもりだったけど実はわかっていなかった・・・という点に気づくことができるのもディクテーションの効果的な点です。

ディクテーションのやり方とコツ

ディクテーションのやり方を説明します。

最初のうちはまだ耳が英語に慣れていませんし、リテンション能力もついていませんから、短めの文章の方がいいです。

  1. 1文で一時停止して書き取り
  2. 1回で書き取れなかった場合はもう一度、二度と、聞き直します。
  3. すぐに答えあわせをして聞き取れなかった部分や間違いを確認
  4. 正解を知った上でももう一度その文を聞きなおします。


すると、最初は何度聞いても聞き取れなかったのが、「あ、確かにそう言ってる!」と聞き取れるようになっています。
それからまた同様に次の文を聞いていく・・・という進め方です。

細かく答えあわせをしていくのがポイントです。

ディクテーションにおすすめの教材

  • 短い文章の音声
  • すぐに答えあわせができる
  • 自分のレベルに合っている


これらを満たせば基本的にどんな教材でもOKです。

具体的な教材を1つあげると、中三の息子が使っているこの教材が結構おすすめです。

『例文で覚える中学英単語・熟語1800』

中学生 英語 リスニング 教材

単語帳なのですが、いちいち例文がついていて、しかもその例文を英語と日本語訳で読み上げてくれるCDもついているというもの。

ネットですごく評判がよく、Amazonでの口コミ評価も高かったので購入したのですが、これを選んで大正解!

ディクテーションにこの教材をおすすめする理由

中学生で覚えるべき単語と文法

そもそもが高校受験用の単語帳なので、出てくる単語のレベルがちょうどいいんです。

それに例文も、ただ単語を使った文というだけでなく、中学で習う文法を使った例文になっています。
しかも親切なことに、レベル1から5まであって、レベル1では1年生で習った文法を使った例文、レベル5では中学3年生の後半で習う文法を使った例文になっているという。

これ1冊で単語、文法、リスニングの対策ができてしまうんです。

文が短い

例文ですからそんなに長いものではありません。たとえばこれくらいの長さです。

中学生 英語 リスニング 教材

英語⇒日本語訳⇒英語の順で読んでくれる

付属のCDでは、1つの例文を英語⇒日本語訳⇒英語の順で読んでくれます。

たとえば、こんな具合です。

I’ve lived in Tokyo for over five years,

わたしは5年以上東京に住んでいます。

but I’ve never been to Tokyo Tower.

でも一度も東京タワーに行ったことがありません。

I’ve lived in Tokyo for over five years,but I’ve never been to Tokyo Tower.

うちの子がディクテーションをするときは、
「I’ve lived in Tokyo for over five years,」で一時停止します。

そして「わたしは5年以上東京に住んでいます。」「but I’ve never been to Tokyo Tower.」で一時停止。

最後に「でも一度も東京タワーに行ったことがありません。」
「I’ve lived in Tokyo for over five years,but I’ve never been to Tokyo Tower.」で一時停止。

これで英語を2回、日本語訳を1回聞いたことになります。

見開きで1トラックだから頭出ししやすい

CDの音声は、この単語帳の見開きで1トラックになっています。
なので、このページであれば1トラックに例文が3つ入っています。

中学生 英語 リスニング 教材

なのでうちの子の場合は、1文ずつ答えあわせをして3つ例文の答えあわせをしたところで、トラックの最初に戻ってもう一度音声を聞きなおしています。

スピードがだんだん速くなる

先ほどレベル1から5に分かれていると書きましたが、英文を読み上げるスピードもレベルが上がるにつれてだんだん早くなります。

中学三年の息子のリスニング力はアップした?

この単語帳のCDでディクテーションを始めて、最初のうちはぜんっぜん、本当にまったく書けませんでした。

間違えるとかではなく、「書けない」んです。

20~30%しか書けていない感じです。

でも、毎日例文10個こずつディクテーションを続けていると、1週間もしないうちにまあまあ書けるようになってきました。

80~90%くらいは書けていますし、パーフェクトに書き取れている文も結構あります。

若いから耳が慣れるのが早いのでしょうか?

細かい間違いはまだまだたくさんありますが、それが文法や単語の確認にもなっていて非常に効率よく勉強できている感じです。

ディクテーションにおすすめの無料アプリ

CDを再生したり一時停止したりするのが面倒という人は、ディクテーションができるアプリを利用するといいですよ。

アプリだと、答えあわせを自動的にやってくれるので、ゲーム感覚でディクテーションを楽しめます。

一番おすすめのアプリはこちら。

スタディサプリENGLISH

中学生 英語 リスニング アプリ

本来は月額980円で利用できる有料のアプリですが、一部のコンテンツは無料で利用できます。
非常にたくさんあるコンテンツのうちの一部なので、それだけでもかなりの練習になります。

なぜこのアプリが一番なのかと言うと、ディクテーションの入力操作がとっても工夫されていてやりやすいから。

ペンで書いたり、キーボードでタイピングするのとはちがって、スマホの入力操作は隣の文字を触ってしまったりして正確に入力しづらいですよね。

その点、スタディサプリENGLISHのディクテーションの入力画面は、このように歯抜け状態のキーボードが表示されるので、とっても入力しやすい!

スタディサプリENGLISH ディクテーション

サクサク進めて楽しいのでハマること間違いなし!

英会話、英語リスニング - スタディサプリENGLISH

英会話、英語リスニング – スタディサプリENGLISH
開発元:Recruit Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

ディクトレ

ディクテーション アプリ 無料

こちらは完全無料のディクテーションアプリ。
短い英会話が350問、その他TOEICのリスニング問題も100問入っています。

いくつかトライしてみましたが、やはり入力方法に工夫がないので、スマホだとちょっとつらいですね。

書いた方が早い感じ。

あと、スピードがかなり速いので、高校受験レベルというよりTOEICや英検向けですね。

でも最初の何問かは比較的ゆっくり話してくれているので、一度試してみてもいいかも。

ディクトレ -ディクテーションを取り入れた英語リスニング学習アプリ-

ディクトレ -ディクテーションを取り入れた英語リスニング学習アプリ-
開発元:Taiki Saito
無料
posted withアプリーチ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です