アプリとキットの教材「ワンダーボックス」の体験談⇒

すららが社会・理科にも対応!5教科対応で料金はどう変わる?

すらら 5教科 理科 社会

オンライン学習の「すらら」が、2020年4月から「理科」「社会」も含めて5教科対応になったそうです。

これまでは国語・算数(数学)・英語の3教科しか対応していなかったので、かなり大きくバージョンアップされたんですね。

5教科対応になったことにともなって、料金体系も少し複雑になっているので説明しますね。

すららの社会・理科は全学年対応?

すらら 5教科 理科 社会

公式サイトにはこのように案内がありました。

理科・社会の対象範囲は小学3年生~中学3年生までとなっております。

理科・社会は2020年4月1日より学習が可能になります。理科・社会を含めたお申込みは4/1より受付を開始いたします。
(3月中までにご入会された方は4月からお使いいただけるよう、追加申込できるようご案内しております。)

2020年4月リリース時の理科・社会は小学生・中学生範囲の一部です。その後、段階的にリリースし、2020年9月末までに提供完了予定としております。

小学生・中学生ともに理科・社会も学習できるようになりましたが、「小学生・中学生範囲の一部」ということなので、完全にすべての範囲をカバーできているわけではないようです。
高校生の範囲も4月時点ではまだ提供されていないということですね。

9月末までに全範囲をリリース予定とのこと。

すらら5教科対応にともなう「料金体系」の変更

注意したいのが料金体系です。
以下、税別価格です。

3教科(国・数・英)コースの料金
小中コース 月8,000円
中高コース 月8,000円
小中高コース 月10,000円
※4か月契約にすると月7,480円に

3教科コースの料金はこれまでと同じです。
4教科(国・数・理・社)コース
小学コース 月8,000円
※4か月契約にすると月7,480円に

こちら新たに追加されたコースです。
英語なしの4教科コースは小1~小6の範囲のみです。
5教科(国・数・英・理・社)コース
小中コース 月9,980円
中高コース 月9,980円
小中高コース 月11,980円
※小中と中高は4か月契約にすると月9,480円に

こちらも新たに追加されたコースです。

5教科コースに「小中高コース」の料金も表示されていますが、2020年4月の時点ではまだ高校生の理科・社会は準備できていないようです。
(2020年9月末までにすべてリリース予定とのこと)

 

通常は入学金10,000円がかかりますが、定期的に入学金無料キャンペーンを実施しています。

\無料体験できます!/
すららの詳細はこちら⇒

すららの特徴

すららの特徴は次のとおりです。

  • 無学年式(先取り・さかのぼりOK)
  • アニメーションを使った教材
  • 数学検定に対応
  • 手持ちのパソコンまたはタブレットで使える(専用端末は無し)
  • 「すららコーチ」によるサポートあり(学習カリキュラムの作成、保護者からのメール相談対応など)


進研ゼミやスマイルゼミ、Z会などは学年別に毎月決まった範囲の教材が配信されるシステムですが、すららは無学年式。
たとえば「小中コース」を契約したら小学校1年生~中学3年生までの範囲すべてが利用できます。

算数が得意な子は算数だけどんどん先に学習を進める…といった使い方が可能。
逆に、学校の勉強に遅れてしまった子は、さかのぼり学習ができます。

他に、無学年式のオンライン学習教材として「スタディサプリ」がありますが、スタディサプリはどーんと全部の動画が用意されている中から、「どれでも好きなものを自由に見てください」というスタイル。
それに対して、すららは最初に学力診断テストをして、自分の学力にあったところから順に学習を進めていくスタイルです。

それに、キャラクターが出てきて声優さんの聞き取りやすい声で説明してくれたり、アニメーションを駆使して解説されているので、小学生はスタディサプリよりもすららの方が取り組みやすいと思います。

 

新型コロナウィルスの影響で、学校の勉強が途中でぷつんと終わってしまったところも多いかと思います。
そしてこの先も学校が再開されるのか、再開されてもまた休校になるのでは…とあやしい状況です。

何月号はこの範囲…という感じで毎月送られてくる教材よりも、すららのような無学年式の教材の方が、今の状況では利用しやすいかもしれませんね。

今回、良いタイミングで5教科対応になったと思います。

 

\無料体験できます!/
すららの詳細はこちら⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です