頭のいい子に育てたい!無料の「知育遊び」まとめ

スマイルゼミとチャレンジタッチの違いを比較!小学生の子が両方利用してわかったこと

スマイルゼミとチャレンジタッチ 比較

小学5年生の息子がスマイルゼミと進研ゼミのチャレンジタッチを両方試しました。

最終的には子供の希望でスマイルゼミに決めましたが、親としてはチャレンジタッチが良かったなという思いもあり…。

2つのちがいやメリット・デメリット、使ってみた感想をまとめて紹介します。
いずれも小学生向けの講座で比較します。

スマイルゼミのメリット・デメリット

スマイルゼミのメリット

タブレットだけで完結

付録や紙の教材などが毎月送られてくることはなく、すべてタブレットで完結します。
毎月いろんなものが送られてくるのがストレスになるという人も多いですからね。
月に1回、タブレット上で教材の更新をするだけで済むのは手軽でありがたいです。

画面がシンプルで見やすい

タブレットの画面もシンプルでわかりやすいです。
学習がどれくらい進んでいるのか、今月やるべき教材はあとどれが残っているのか、パッと見てわかるようになっているので、子供が自分で学習を進めやすいです。

ごほうびのゲームが楽しい

毎日学習をしてポイントをためるとごほうびのゲームができる仕組みになっているのですが、ゲームの内容が充実しています。
おまけのゲームだからとあなどれない。意外と楽しいハマるゲームがあるんです。
チャレンジタッチにも同様のごほうびゲームがありますが、子供が言うにはスマイルゼミのゲームの方が面白いそうです。
実際、ゲームをしたくて毎日学習を継続できています。

タッチペンが使いやすい

タッチペンの書きやすさは、チャレンジタッチよりもスマイルゼミの方が上です。
スマイルゼミは、画面に手をついて書いても、手には反応せずペン先にだけ反応するようになっているので、紙に書く時と同じように違和感なく書くことができます。

LINEのようにメッセージをやりとりできる

「みまもるトーク」といって、子供と保護者のスマホでLINEのようにメッセージやスタンプをやりとりできる機能があります。
学習をやり終えたり、100点をとると自動的にメッセージが届いたりもするので、タイミングよく子供をはげますことができます。
この機能、意外と評判がよくて気に入って利用している人が多いようです。
わが家でも、子供が嬉しそうにいろいろとメッセージやスタンプを送ってくるので「かわいいなあ」と思いながら返信しています。

スマイルゼミのデメリット

料金が少し高い

チャレンジタッチと比較すると、月額料金が少し高いです。数百円ではありますが。

英語は別料金

基本コースに一応英語も含まれているのですが、あまりにも量が少ないです。
なので、英語のコンテンツもたくさんほしいという場合は「英語プレミアム」というオプションを申し込む必要があります。
オプション料金は税込み月額748円なのでさらに高くなっちゃいますね。。。

動画や音声解説は無い

新しい単元を学習するとき、文章と図の解説しかないので、読むのが苦手な子はちょっとしんどいかも…と思うことがあります。
キャラクターが読み上げてくれたりする機能があるといいんですけどね。

スマイルゼミの資料請求はこちら⇒

チャレンジタッチの資料請求はこちら⇒

チャレンジタッチのメリット・デメリット

チャレンジタッチのメリット

無料コンテンツが多い

習熟度にあわせた英語4技能を学習できたり、電子書籍1,000冊が無料で読めたりと、追加料金なしで利用できるコンテンツが多い点がチャレンジタッチのメリットです。

学習につながるコンテンツが多くて料金が安いので、親としてはチャレンジタッチを選びたかったんですけどねえ。。。
(息子は楽しさ優先でスマイルゼミを選びました)

科目ごとに難易度を選べる

チャレンジタッチでは標準コースと挑戦コースがあり、いずれも同じ料金です。
しかも、科目ごとにコースを選べるので、得意な科目だけ挑戦コースを選ぶといった使い方も可能です。
一方スマイルゼミは、標準クラスと発展クラスがあり、発展クラスの方が月額で500~1,000円ほど高くなります。科目ごとにクラスを選ぶことはできません。

音声で解説してくれる

チャレンジタッチでは、文章や図の解説だけでなく音声で読み上げてくれるので、読むのが苦手な子には良さそうです。

付録や紙の教材も届く

これは人によってメリットとなるかデメリットとなるか分かれるところですが、チャレンジタッチではタブレットの教材だけでなく紙の教材や付録が毎月届きます。
タブレットだけでは物足りない子にはプラスアルファのメリットとなりますが、毎月ごちゃごちゃと物が届いても手を付けられずたまっていくばかり…という子には、タブレットだけで完結するスマイルゼミの方が向いているかもしれません。

チャレンジタッチのデメリット

画面がごちゃごちゃしている

タブレットの画面がごちゃごちゃしていて、何がどこにあるのか、今月の学習はあと何をすればよいのかなど、わかりづらいと感じました。

タッチペンが書きづらい

スマイルゼミと比較すると、タッチペンの反応が悪く、書きづらくてイライラする場面がありました。
こういう所でやる気や集中力が削がれてしまうのは残念です。

スマイルゼミの資料請求はこちら⇒

チャレンジタッチの資料請求はこちら⇒

スマイルゼミとチャレンジタッチの口コミ評判を比較

独自にアンケート調査を実施し、スマイルゼミやチャレンジタッチを小学生の子に利用させたことがある保護者の声を集めました。

スマイルゼミの口コミ評判

学習だけではなく、遊びながら学べるものもあり子供は楽しくやっています。間違えても何度もやり直せる所が良いと思います。漢検などもついているので学習にはとても有り難いです。

スマイルゼミは通常の学習メニューの他に、毎日ミッションという名の問題が出されるので、子供も楽しく取り組める。また、日々の学習の取り組みの量によって、月末に努力の結果が発表されるので、子供のモチベーションが上がる。

スマイルゼミは月が変わると新しい内容が届くが、教材の内容が簡単なのか、量が少ないのか、すぐに全教科終わってまう。教科書に合わせてあるのは良いが、応用問題も別枠で取り扱ってもらいたい。また、通常の英語の内容がイマイチだと思う。

チャレンジタッチの口コミ評判

単元を学ぶだけでなく、学んだことを生かしたゲームができたり、繰り返し何度も復習ができたりポイントを集めて商品と交換ができたりとにかく楽しく勉強をすることができてよかったです。図書館の項目もあり、興味のある本を好きなだけ読めるのもとてもいいと思いました。

ゲームのように自分で進められるところ、間違った問題を抽出してもう一度解かせるところが良かったです。また、学習時間にアラームが鳴る機能が助かりました。

学習内容が豊富過ぎて、自分でサクサク進める子なら使いこなせると思うのですが、親が言わないと中々勉強しない子は使わないアプリ等がたくさんあって、少しもったいないです。

両方利用した人の口コミ評判

スマイルゼミはおまけのゲームが充実していて、子供にとってはやるきっかけとして優れていたと思います。ラインのようなメッセージや絵文字のやりとりができ、飽きない工夫がされていました。取り組んだ学習履歴や時間も一目でわかり親も子供を誉めやすいです。

 

チャレンジタッチはスマイルゼミより安価ですが、少し作りが固いところもあり、やらされてる感をスマイルゼミより強く感じているようです。実際、取り組む時間もスマイルゼミの方が長いです。

わたしの感想もまさにこの方と同じような感じです。

お金を払って学習教材を買い与える親としては、割安で学習コンテンツが充実しているチャレンジタッチを選びたいところ。
でも、実際に使う子供は、より楽しく取り組めるスマイルゼミの方が気に入るようです。

スマイルゼミの資料請求はこちら⇒

チャレンジタッチの資料請求はこちら⇒

スマイルゼミとチャレンジタッチの料金を比較

受講料を比較

スマイルゼミとチャレンジタッチの料金比較
数百円の差ですがチャレンジタッチの方が安いです。
さらに英語学習や電子書籍が無料で読めることを考えると、チャレンジタッチの方がかなりコスパは良いと言えます。

タブレット代を比較

スマイルゼミとチャレンジタッチのタブレット代比較

スマイルゼミとチャレンジタッチ、結局どちらがおすすめ?

わが家では、スマイルゼミとチャレンジタッチを両方試したうえで、結局スマイルゼミを継続することにしました。

決め手は何だったかというと、本人が「スマイルゼミの方がいい」と言ったからです。

親としては、正直チャレンジタッチの方をやらせたいな…と思っていたのですが、本人の意思を尊重した方が続くだろうと判断しました。

わたしがチャレンジタッチの方がいいと思った理由は、英語の教材が充実しているからです。
習熟度にあわせて英語4技能が学べる「チャレンジイングリッシュ」が、追加料金なしでついてくるのはかなりお得だと思います。

でも、チャレンジタッチとスマイルゼミを両方使ってしまうと、やはりスマイルゼミの方が楽しいんですよね。。。
タブレットの使いやすさも、ごほうびとして用意されているゲームも、スマイルゼミの方が楽しいだろうな…というのは見ていてわかりました。

まだどちらも使ったことがないのであれば、やはり英語がたっぷり学べるチャレンジタッチをおすすめします。
親としてはコスパが良いと思うからです。
でも、チャレンジタッチが続かなかったという子には、スマイルゼミなら楽しく続けられるかもしれません。

迷っている方は、とりあえず両方資料請求をしておくことをおすすめします。
一度資料請求をしておくと、キャンペーンの案内などお得な情報がもらえますよ。

スマイルゼミの資料請求はこちら⇒

チャレンジタッチの資料請求はこちら⇒

 

「チャレンジタッチ」は、4/11までの期間限定でこのようなキャンペーンを実施しています。

チャレンジタッチの資料請求はこちら⇒